Connecty CMS on Demand 安心の理由

サーバの信頼性

1. AWS(アマゾン ウェブ サービス)を利用しています。

現在最も信頼性の高いクラウドサービスです。

2. 万が一の障害に備え、設計・運用をしています。

サーバやネットワークは"障害が発生するもの"として捉え、万が一の際にも迅速な対応が出来るような体制を取っております。
・複数拠点での多重化運用
・サーバを常時監視しており、障害を自動検知した場合は自動的にサービスから切り離し、継続運転します。
・サーバメンテナンスも、サービスを停止せずに行えます。

3. 負荷状況に応じて、弊社にてサーバ増強を適宜行います。


障害発生時のサポート力

1. ハードウェア障害の場合

多重化した運用により、片系運用している間に速やかに復旧作業を行います。
また、AWS(アマゾン ウェブ サービス)ともサポート契約を結び、有事の際のサポート体制を整えています。

2. CMSプログラムの障害

弊社で開発・運用を行っているため、他社に依存せず対応致します。

3. コンテンツ、データの障害の場合

基本的に、更新作業は履歴を取りながら行っています。
万が一、履歴を含めてデータを消失してしまった場合は、過去のバックアップからデータを抽出する事も可能です。(手動対応)


Connecty CMS on Demand の機密性

1. 公開サイトについて

公開サイトでは、ユーザ(CMSoD登録利用者のこと。以下同じ)が設定した公開時刻が到来したコンテンツ変更のみが、その時刻に反映されます。
つまり、公開サイトに公開されているコンテンツは、CMSoDシステム上でユーザが申請・承認したもののみとなっています。
公開サイト上で閲覧出来るコンテンツは、公開サイト側システムの独自のコンテンツ取得プロセスからのみ更新が可能です。

システム外部から実コンテンツをアップロードする事が出来ないため、アップロード時を狙った改竄等は構造上未然に防ぐ事が出来ます。

2. プレビューサイトについて

プレビューサイトでは、特定時点の未公開コンテンツのセットを見る事が出来ます。このコンテンツは、CMS上で参照権限を付与されたユーザのみアクセスが可能です。
また、CMS上の登録ユーザ内でも、IRや人事情報といったセンシティブな情報については、公開前は一部のチームにプレビューさせる、といった制限を設けることも出来ます。
尚、プレビューサイトは全面的にHTTPS化に対応しています。

 

上記2点の対策によって、ご利用のお客樣には機密性の高いCMSとして安心してお使いいただけます!

CMSデモ依頼 資料ダウンロード