ニュースリリース

ニュースリリース

【お知らせ】Connecty CMS on Demandのバージョンアップについて

2012年10月16日

株式会社コネクティ(本社:東京都港区、代表取締役社長:服部 恭之)は、
10月10日(水)「Connecty CMS on Demand」のバージョンアップを行い、様々な
機能強化・処理改善などを行いました。

Connecty CMS on Demand 製品サイト(http://cms.connecty.jp

《v2.3 バージョンアップ内容》

1.ユーザーインターフェースを全面刷新

 様々な環境のお客様に快適に、より直感的に操作いただけるよう、
 アイコン・メニュー配置を見直しました。
 画面内イメージも明るい白基調に改め、無駄な記述を省くなど、
 すっきりとしたデザインへ変更しました。
 管理者様には管理画面にユーザー一覧と付与権限の表を追加することで、
 ユーザーごとの権限設定が簡単にできるようになりました。

 

2.ワークフロー機能の改善

 これまでの申請・承認に関わるワークフローやメール文面を見直すことで
 申請・承認処理がよりスムーズに行っていただけるようになりました。
 今まで1つの申請について複数届いていたメールがまとめて届くように
 なり、承認者様は1つの申請については1回の承認で承認作業が完了する
 ようになりました。
 従来申請単位でのみ確認が可能だったプレビューサイトは公開日単位で
 確認可能となり、同一日時に複数の申請がある場合でも、まとめて一つの
 プレビューサイトで確認ができるようになりました。

3.すべての通信をHTTPS化し、安全性を向上

 これまでログイン通信時のみだったSSL利用範囲を、操作中すべての通信へ
 広げることで、安全性向上を実現しました。
 また、ご希望するお客様にはオプションでプレビューサイトのHTTPS化も
 お選びいただけます。

4.AmazonS3オプション管理機能を追加

 これに伴い、Connecty CMS on Demand上でbucketの設定や追加・削除などを
 お客様ご自身が設定・管理できるようになりました。

5.SFTPによるローカルフォルダとの同期が可能に

 複数コンテンツのzip以外でのアップロードをご利用いただけるように
 なりました。DreamWeaverとの同期も可能です。
 ※オプション機能となりますので、
  ご希望のお客様はお問い合わせくださいませ。

6.各種画面における描画スピードがアップしました

 より快適にConnecty CMS on Demandをご利用いただけます。

今後も弊社エンタプライズ型CMSサービスConnecty CMS on Demandを
快適に、安心してお使いいただけるようサービス向上に努めてまいります。

以上

« ニュース一覧

CMSデモ依頼 資料ダウンロード